フロンティアパートナーGROUP【 税理士法人FPC / 監査法人 フロンティアパートナークラウド / FAS株式会社 】

FRONTIA PARTNER

お問い合わせはこちら

相続・相続対策

相続対策の必要性

近年の税制改正においては、相続税は増税される方向にあり、これまで一部の富裕層しか関係がなかった相続税の対象者が一気に広がる可能性があります。
税制を踏まえて、必要納税資金を把握して事前に確保するとともに、相続開始前に財産を譲渡又は贈与し、相続財産を効果的に減少させていく必要があります。
そのためには、資産税を中心とした中長期的にわたる計画的な相続対策が必要となります。

この質問に答えられますか?

あなたは、下記の質問すべてに答えることができますか?

Q1. 遺言書を既に作成されていますか?
Q2. 残すべき財産と、納税用の財産の区分はできていますか?
Q3. もし、今相続が発生した場合に、相続税がいくらかかるか言えますか?
Q4. 納税資金の用意はできていますか?
Q5. 相続税における財産の評価額は、売買時価とは一致しない場合があることをご存じですか?
Q6. 遺産分割の方法によって、相続税が大きく変動することをご存じですか?

もし、一つでも答えられないものがある場合は、早めにご相談されることをお勧め致します。

相続対策の3原則

相続対策の3原則は以下の通りです。

(1) 円満な相続(遺産分割)のための対策
(2) 無理のない納税(納税資金の確保、物納)のための対策
(3) 節税対策

この3原則には優先順位があり、(1)→(2)→(3)となり、節税対策の順位は最後です。
相続対策は、1次相続のみならず、2次相続やその後の相続人の生活等、相続人(親族)の状況や、所有財産の状況等を総合的に考慮する必要があります。
フロンティアパートナーFAS株式会社では、長期的視野から捉えた円満な相続対策をご提案致します。

実績例

相続対策に関する専門知識を有する専門家が、お客様一人一人に合った、最良の相続対策提案を実施致します。

実績例の一部

  • 資産税(相続税・贈与税)の申告
  • 遺産分割のアドバイス
  • 株価引下げ対策の実施
  • 生前贈与等を使った対策の実施
  • 不動産管理会社の設立提案