ルーズベルトゲーム。 | 税理士法人FPC フロンティアパートナー

ルーズベルトゲーム。

みなさん、こんにちは。

黒田です。

突然ですが、皆さんは「ルーズベルト・ゲーム」という野球用語をご存じでしょうか?

大の野球好きで知られたアメリカのフランクリン・ルーズベルト大統領が「8対7」で決着する試合が一番面白いと言ったことから、点を取られては取り返す白熱したゲームをそう呼ぶようになったそうです。

今日は、会社からファイターズvsオリックスの観戦チケットを頂いたので、札幌ドームに野球観戦にきたのですが、


これが、なかなか見応えのあるいい試合で、結果は8:7でファイターズの勝利。

途中、オリックス側のエラーも相まって、ファイターズは大量得点を得るも、その後、オリックスがまた取り返すという、
まさに、ルーズベルト大統領曰くの通り、とても面白い白熱した試合展開でした。




ほかのスタッフもこの試合の観戦チケットをもらっていたので、この会場のどこにいると思われますが、、、


この人の量では、見つけることはできませんね。

札幌ドームでファイターズ戦を見るたびに、8年前の社員旅行で会社のみんなで札幌ドームにファイターズ戦を見に来た時のことを思い出します。

あの日の先発は、確か斎藤佑樹だったかな。

懐かしい思い出。

また、会社のみんなで野球観戦なんてのも、いいかな。なんて

思わせる、見応えがあってとても面白い試合でした。

ルーズベルトゲーム。

人生も仕事も野球もギリギリで勝つ?

みたいな?

そんな、スリリングな展開の方が、盛り上がるし面白い。

そんな風に思う、試合終わりの帰り道なのでした。