M&A PROJECT STORY

有限会社
太陽の丘薬局

元代表取締役/現相談役

鈴木 欣哉

株式会社
中村薬局

代表取締役/薬剤師

中村 貴徳

本別町国民健康保険病院に隣接し、長い間、調剤薬局として町民の健康を支えてきた「太陽の丘薬局」。後継者を探していた鈴木氏が、同業での新規出店を望んでいた「中村薬局」中村氏への譲渡を行ったのは、2019年8月のこと。調剤薬局同士の合併について、両氏にお話を伺いました。

それぞれの望みが合い
スムーズなM&Aを実現

Q.
今回、M&Aに至った背景を教えてください
中村
私の会社では、もともと幕別町に「パーク薬局」、帯広市西地区に「パーク薬局西店」と2つの薬局を経営しています。「どこか新規で出店できるところはないか」と考えていたところ、2019年2月頃に有限会社太陽の丘薬局の鈴木さんが後継者を探しておられるという情報を得たことが最初のきっかけとなりました。
鈴木
以前から、将来は後継できる方に譲渡したいと考えていたんです。この薬局を経営して約20年になりますが、開業当初から、その想いは持ち続けていました。
中村
会社同士の合併になりますので、専門知識と確かな実績をお持ちのフロンティアパートナーグループに間に入っていただこうと考えました。私はM&Aに関しては素人ですし、普段は会社経営と同時に薬剤師としての役割もあります。フロンティアパートナーグループの進行のもと、約4か月の話し合いを経て、同年6月に私が「太陽の丘薬局」の代表となり、その2か月後、8月にM&A成立となりました。
鈴木
無事、成立した時は安心しました。一連の流れを思い返すと、フロンティアパートナーグループにきっちり進行してもらったことが、双方にとって非常に良かったですね。やはり、売り手にも買い手にもそれぞれ “落としどころ” というものがありますから、数字や科学的データを元に精査してもらったことは大きかったです。

「相談役」としての
心強いサポート

Q.
中村さんは今回が初めてのM&Aだったとお聞きしました。
中村
自分ひとりでは、できませんでしたね。社長業と薬剤師をしながら、M&Aに向けて動くということを自ら行っていたとしたら、充分な時間もなく、進め方も分からず、かなり時間がかかっていたと思います。
Q.
鈴木さんは現在も相談役として「太陽の丘薬局」に勤務されていますね。
中村
既存の2店は幕別町と帯広市ですから、本別町には知人もいませんでしたし、地理的な要素もあります。そういう意味で、鈴木さんに相談役として残っていただいたことはとても心強く、良い流れで仕事ができています。
鈴木
私の方は経営者を退いたことで、気持ちはずいぶん楽になりました。今は、会社を引き受けていただいたのですから「少しでも恩返ししたい」という想いで働いていますよ。
中村
ありがとうございます。いつも本当に助けていただいているんです。

多店舗化で見えてきた
スケールメリット

Q.
2019年8月のM&A成立後、感じられている効果はありますか?
中村
有限会社同士では合併できないというルールがありますから、今回のM&Aによって株式会社を設立しました。まず、そのことによって会社の格を上げられたことですね。また、多店舗化できたことで、例えば物品や薬剤購入時のスケールメリットが出てきていると感じています。
Q.
現在取り組まれていること、また、今後の展望についてお聞かせください
中村
この一年半ほどは「太陽の丘薬局」のハード面、これがあればより便利かな、と思うものを揃えてきました。これから、会社としてはソフト面を充実させていきたいと考えています。今後については地域に根ざした調剤薬局としての役割をより一層果たしていきたいですね。
鈴木
今の処方箋は、受診した病院に隣接する薬局でなくても薬を購入することができますからね。
中村
本別町の方の場合、他地域の専門病院を受診する方も多いので、受診後は町内に戻ってこちらに来ていただければ、待ち時間も少なくスムーズかもしれません。そういった地域の方の細かいニーズにも応えられる薬局を実現していきたいです。

CASE DATA

2019年8月 株式譲渡成立

多店舗化のメリットを生かし
地域に密着した薬局を目指す

譲渡企業
有限会社 太陽の丘薬局
所在地
北海道本別町
事業内容
調剤薬局
譲受企業
株式会社 中村薬局
所在地
北海道帯広市
譲渡企業
調剤薬局
M&Aの背景
新規出店を考えていた中村氏と「会社を譲渡し事業を継承してもらいたい」という鈴木氏の想いが合致
譲渡企業の概要と課題
本別町で薬局を営んできた太陽の丘薬局。安心して譲渡できる後継者を求めていた
買収企業の概要と目的
幕別町、帯広市で薬局を運営している中村薬局。同業種での新規出店を望んでいた
M&Aによる
シナジー効果
有限会社を株式会社に変更したこと、多店舗化による購入時のスケールメリット

CASE STUDY成約実績

道央エリア

建設業

建設業M&Aに係る財務デュー・デリジェンス業務

十勝エリア

医療法人

後継者不在の医療法人と 独立する医師のM&A

十勝エリア

印刷会社

印刷会社と広告代理店による 株式譲渡によるM&A

十勝エリア

調剤薬局

管内にある調剤薬局同士の 株式譲渡によるM&A

十勝エリア

介護事業会社

管内企業による管外介護企業の 株式譲渡によるグループ化

十勝エリア

タクシー会社

管内タクシー会社2社が合併し 保有台数十勝トップの会社に

十勝エリア

農業資材関連企業

十勝の農業資材関連企業と 釧路の大手企業による会社分割

道南エリア

建設業

売り手側のコストも最小化した 吸収分割型の M&A

札幌エリア

事務機器販売企業

事務機器販売会社による 管外エリアの同業他社のM&A

空知エリア

穀物の販売業

十勝管内の穀物大手企業による 空知管内の同業他社のM&A

十勝エリア

雑貨小売店

管内企業によるM&Aで 小売企業の多角化

十勝エリア

建設業

道内の建設業同士のM&Aで 受注機会を拡大

View More

経営に関するお困りごとは
お気軽にご相談ください。

  • 無料相談
  • 秘密厳守
TEL

お電話でのご相談

0155-24-3616

受付時間 平日9:00-17:30

MAIL

メールでのご相談

お問い合わせフォーム

お気軽にお問い合わせください

Q

よくあるご質問

質問を見る

質問と回答を紹介しています