【十勝のオススメ】十勝地サイダー(満を持して帯広の味、登場!) | 税理士法人FPC フロンティアパートナー

【十勝のオススメ】十勝地サイダー(満を持して帯広の味、登場!)

皆さま、こんにちは。
最近の楽しみが、ますます『食』に偏ってきたアベです。

今日のオススメも食。我らが(?)十勝地サイダー!



十勝の各町の特徴をサイダーで表すという意欲作です。

①池田ぶどうサイダー(ワインのまち池田町)、
②広尾しおサイダー(太平洋に面した広尾町)、
③更別すももサイダー(更別村の名産はすももだそうです)、
④新得うめサイダー(新得町で生産されている奇跡の梅。今年は原材料の都合で発売休止)、
⑤本別黒まめサイダー(豆の町・本別町。豆の煮汁!)、
⑥清水アスパラサイダー(アスパラの産地・清水町。アスパラガスの煮汁!)
⑦足寄オンネトーブルー(オンネトーは足寄にある神秘の湖。味は、飲んでのお楽しみ)
⑧芽室コーンサイダー(芽室町で収穫量日本一を誇るトウモロコシをサイダーにっ)
⑨中札内チーズホエイサイダー(ヨーグルトでもチーズでもなく、ホエイ味。目の付け所が!)

そして、今年の4月25日、⑩帯広ビーツサイダー 発売


甘味の中にほのかな酸味。ぶどう味に近い?かもしれません。見た目も美しい↓



帯広へ来た年に、たまたま同僚がコーンサイダーを買ってきてくれたところから、
私の地サイダーへの愛が始まりました(笑)。
全種類売っている場所が「本別肉祭り」にあるらしいと情報を仕入れては
慣れない運転で帯広から本別町まで車を走らせ。
新作が出たと聞けば、市内の売っていそうなお店をはしごして。

日常が戻り、十勝に来ることがありましたら、ゼヒ、地サイダーを探してみてください。
何故その味を選んで開発したの?というものから、納得の味まで、
十勝という多様性を楽しめることと思います。

※ラベルもその町をそれぞれ可愛く表現しています