【メルマガ配信中】固定資産税から印紙税まで。経費として計上できる『租税公課』とは他 | 税理士法人FPC フロンティアパートナー

【メルマガ配信中】固定資産税から印紙税まで。経費として計上できる『租税公課』とは他

こんにちは。帯広事務所のヒラタです。

当社では毎月3回、名刺交換、またはセミナーなどに参加され
た方等へメールマガジンを配信しております。
今回のテーマは以下の5つになります。

・【税務・会計】固定資産税から印紙税まで。経費として計上できる『租税公課』とは
・【人的資源】押さえておきたい『内定者研修』のメリットとデメリット
・【マーケティング】注目度も高いけど危険度も高い? 『比較広告』を打つ際の予備知識
・【助成金】支給要件が緩和・拡充された『キャリアアップ助成金』とは?
・【労働法】定期健康診断は延期もOK? 新型コロナに関する安全衛生面での対応

会社を運営していくうえで支払う必要のある税金が多くあります。
どんな税金が経費に計上できるのか、経費にできる税金の種類を把握して、経費に計上できると、利益を減らすことができ、納める税金を減らすことができると思います。

是非、御一読ください。
気になる記事がありましたら、ホームページトップの『会員登録』
から是非ご登録ください。