盲導犬のスキルに感動。 | 税理士法人FPC フロンティアパートナー

盲導犬のスキルに感動。

皆様 こんにちは、札幌事務所のサカイです。
先日とても感動したことがありましたので、ご紹介したいと思います。

それは私が横断歩道を渡っていた時のことでした。
向かい側から盲導犬とご主人様が歩いてきました。


信号はまだ青色で十分に横断歩道を渡れるはずなのに、その盲導犬は体をご主人様に寄せて横断歩道の手前で止まりました。
「えっ、信号は青色だよ・・・まちがえちゃったの~?」
と私は目でその盲導犬に話しかけました。しばらくして信号は赤色になってしまいました。
もちろん その盲導犬は横断歩道の手前で青色になるのをじ~っと待っています。


そして、やっと信号が赤色から青色に変わりました。その時、盲導犬はご主人様と横断歩道を渡り始めたんです。
・・・・・・・・・・・?

以下は私の推測ですが、
盲導犬は、信号が赤色から青色に変わった時、その時に渡るんだ…と!
そうですよね、信号が青色の途中で横断歩道を渡ったら、ご主人様が安全に横断歩道を渡り切れるかどうかわからないですものね~。
でも、信号が赤色から青色に変わった時に渡れば時間は十分にありますものね。
盲導犬よ素晴らしい!!!!

私はとても感動し、無事に横断歩道を渡り切ったその後姿をしばらく眺めていました。