【メルマガ配信中】中小企業再編を進める『経営資源集約化税制』とは? 他 | 税理士法人FPC フロンティアパートナー

【メルマガ配信中】中小企業再編を進める『経営資源集約化税制』とは? 他

こんにちは。スタッフのヒネノです。

当社では、毎月3回、名刺交換、またはセミナーなどに参加された方等へメールマガジンを配信しております。
今回のテーマは以下の5つになります。

【税務・会計】中小企業再編を進める『経営資源集約化税制』とは?
【人的資源】コロナ禍における『オンライン入社式』を成功させるポイント
【マーケティング】広告で『炎上』を起こさないためにできることとは
【助成金】新たに雇用管理制度を導入し、離職率を低下させた事業主を助成!
【労働法】2021年1月施行、派遣労働者からの苦情対応を派遣先にも義務化!

近年、中小企業においてもM&Aが盛んに行われるようになり、弊社も多数の案件をお手伝いしています。
そんな中、中小企業のM&Aを後押しする『経営資源集約化税制』が新たに検討されています。
具体的には、M&A時に取得した株式の取得価額の一定割合を費用化できるようにしてM&A時のリスクを軽減する制度や、M&A後の設備投資や雇用促進に優遇措置を設けてM&A後の成長を促す内容となっています。
弊社も大変注目している税制です。
M&Aにご興味のある方は、ぜひご一読ください。

気になる記事がありましたら、ホームページトップの『会員登録』からご登録のほど、よろしくお願い致します。