【メルマガ配信中】 法人税、法人住民税、法人事業税の『法人3税』について解説!他 | 税理士法人FPC フロンティアパートナー

【メルマガ配信中】 法人税、法人住民税、法人事業税の『法人3税』について解説!他

こんにちは。スタッフのマエダです。

当社では、毎月3回、名刺交換、またはセミナーなどに参加された方等へメールマガジンを配信しております。
今回のテーマは以下の4つになります。

【税務・会計】法人税、法人住民税、法人事業税の『法人3税』について解説!
【人的資源】企業の将来を担う『社員教育計画』のポイント
【マーケティング】『バーチャルイベント』のメリットと可能性
【労働法】就業規則の不利益変更を行う際に守るべきルールと注意点

事業者が法人登記を行い、事業をスタートさせた時点で、納税義務が生じます。
法人税は、法人の企業活動により得られる所得に対して課される税で『法人3税』からなり
直近の法人税改革により法人実効税率は、2018年度以降29.74%となっています。
今回は、法人3税の基本的な内容について解説していますので、ぜひご一読ください。

気になる記事がありましたら、ホームページトップの『会員登録』からゼヒご登録ください。